児童や保護者を徹底サポート!!

児童福祉司になるには

児童福祉司とは

「児童福祉司」という職業をご存知でしょうか。
福祉関係の仕事というのはわかるものの、あまり聞き慣れない名称かもしれません。

 

児童福祉司というのは、市町村などの自治体に属する児童相談員のことです。
生活環境に問題があったり、心身に障害があったりと、さまざまな問題を抱える子供の相談や支援、保護などを行うのが児童福祉司の仕事です。
また、子供たちだけではなく、保護者からの相談にも応じます。

 

児童福祉司として働くためには、しっかりとした資格をとる必要があります。
これは児童福祉法で定められています。

 

児童福祉施設には、さまざまな資格をもった人が働いています。
保育士、看護師、社会福祉士などといった資格をもった人がいますが、児童福祉司もそのような資格と同じで、勝手に自分で名乗っていいものではありません。

 

また、児童福祉司として働くには、さまざまな技能を身につけておく必要があります。
例を挙げると、心理学、社会学といった専門知識や、カウンセリングのスキルなど、実践的な知識が必要となります。

 

資格を取得して児童福祉司になったら、公的機関の職員として働くことになります。
身につけた専門知識を活かして、児童だけでなく、保護者に対してもサポートします。

 

場合によっては、医師やカウンセラーといった他の職業の力を借りて問題に取り組んでいきます。

 

児童福祉司として働くためには知識だけでなく、コミュニケーション能力が大切です。
自分から一方的に話すのではなく、相手の話をよく聞き、相手の立場となって状況を理解することが要求されます。

児童福祉司の業務内容

虐待に関する相談件数は増加傾向にあり、たくさんの児童が被害に遭っています。
虐待は、子供の心身の影響に大きな影響を及ぼしてしまいます。
そのため、なんとかしてそれらの子供たちを助けることを目的として設置されているのが、児童相談所です。

 

その児童相談所において、児童たちを支援、援助している職員が「児童福祉司」と呼ばれる職員です。
児童福祉司の業務内容には、さまざまなものがあります。

 

たとえば、担当している地域にある子供の保護をしたり、保護者からのさまざまな相談を受けたりします。
また、どのように処置すべきかを決定するために十分な調査を行い、社会的判断を下します。

 

東京都では、担当している地域ごとにチーム制を導入しています。
チーム内で連携をとり、児童福祉司がケースワークに専念できるような体制作りを心がけています。

 

また、児童相談の窓口として「子供家庭支援センター」が設置されています。
こちらは、より専門性の高い困難な事例の対応にあたっています。

 

児童虐待に関する問題は、複雑かつ多様化しており、児童福祉司に対する資質の向上が強く求められています。
そして、児童福祉司の資質向上のため、東京都児童相談所ではさまざまな研修を行っています。

 

特に経験がない時期は、児童虐待援助演習など、基礎的な知識を身につけるための研修が行われています。
これらの研修を行い、児童福祉司としてのスキルを身につけ、児童たちの問題を解決するために日々努力しているのです。

更新履歴